平成18年度観艦式予行
 平成18年度自衛隊観艦式は安倍総理を観閲官に迎えて10月29日(日)に相模湾で行われましたが、27日(金)に実施された予行訓練の乗艦券を友人の好意で入手できたので行ってきました。
 当日の天候は午前中ははっきりせず、時折日も射すと思えば急に雨がパラつくといった不安定な状況でしたが、実施海面に近づく頃は雲もとれて相模湾を舞台に見事な隊伍を組んで整斉と進む艦艇や航空機の受閲行動や、各種装備品の展示などを楽しませて頂きました。
その時の状況をカメラに収めましたのでご笑覧下さい。
 なお、画像の説明文中に「拡大画像」と表示されてものがありますが、これをダブルクリックすると拡大された高画質の画像が表示されます。もし壁紙等に使用されたい方が居られましたらこちらを使うことをお勧めします。その際は、表示された高画質画像の上で右クリックして取り込んで下さい。
 今回の乗艦券は訓練支援艦の「てんりゅう」で、9時15分に船越岸壁を出港するということでしたので、余裕を持って8時少し前に艦に着きました。
これがその「てんりゅう」で、排水量は2450トンとそれほど大きくはありませんでしたが、斜め艦首から見た姿は威風堂々としていました。
 撮影時刻は丁度8時、艦尾に自衛艦旗、艦首に国旗を掲揚する厳粛な一瞬です。
 浦賀水道を出ると遥かに城ヶ島大橋が遠望できました。ここから三浦半島を回って相模湾に入ります。
 今年の観艦式のお召し艦はこの「くらま」で、安倍総理大臣が観閲官として乗艦されます。観閲台となる旗甲板等には白い帆布が張られでいて遠くからでも見分けがつきました。
 観艦式当日はこの場所で総理がヘリで乗艦することになっており、本番と全く同じ事をこの日もやっていました。
 逆光に輝く海面と艦のシルエットがとても美しかったので思わずカメラに収めました。
ところで、この艦型は何か判りますか?

正解:むらさめ型

 画面の右側に並んでいるのが「いかづち」を先導艦とする観閲部隊、左端に居るのが観閲付属部隊で、「てんりゅう」は付属部隊の最後尾についています。
そして、その2つの隊列の間を割って反航態勢で受閲艦艇部隊が近づいてくるのが見えました。

「拡大画像」

 受閲艦艇部隊の旗艦は護衛艦隊司令官が坐乗する「たちかぜ」で、その後に護衛艦、潜水艦、掃海艦艇、輸送艦艇等が単縦陣で航進してきました。

「拡大画像」

 これは「むらさめ」です。
普通のDDですが4,550トンと大型で、飛行甲板にはヘリも飾られなかなかスマートな艦です。
良く見ると上甲板には乗員が登舷礼で並んでいました。
 「受閲艦艇部隊の第4群は潜水艦部隊で、4隻の潜水艦が単縦陣で近づいてきました。
潜水艦が陣形運動をすること自体が滅多にないと思うのですが、見事に隊伍を組んでいるのに感心しました。

 観閲部隊の横を通過する受閲潜水艦を300mmの望遠レンズで撮影したものです。
司令塔の両側に付いている上部フインの上で登舷礼を行っている乗員が見えました。
 潜水艦の次が掃海部隊で、掃海母艦「ぶんご(5,700トン)」がその先頭でやってきました。
「ぶんご」は「うらが」型の2番艦だそうです。
 掃海母艦のあとに掃海艦「つしま」が続きます。
 これが「掃海艇」ではなく「掃海艦」と呼ばれる所以は一見して大型で、何と1000トンもあるそうです。
 掃海部隊の次は輸送艦「しもきた」で、受閲部隊の中では最大の大きさ、何と8,800トンもあるそうです。一見、軽空母と見間違いそうですね。
 「しもきた」の後に同艦に登載されていた輸送用エアクッション艇LCACが2隻、水煙を巻き上げながらやってきました。
これは4基16,000PSのガスタービンエンジンを備え、40ノットの高速航行が可能だそうです。

(注:LCAC:Landing Craft Air Cushoned)

 受閲艦艇部隊が終了すると受閲航空部隊がそれぞれ編隊を組んでやってきました。
これは「たちかぜ」の上空を通過するSH-60Jです。
 今年の観艦式には海上保安庁の巡視船が特別参加しました。
これはヘリ搭載の大型巡視船「やしま」で、確かに後甲板にヘリが見えます。
また、その上空を通過するのが陸自のCH-47J大型輸送ヘリです。
 これは救難機US-1Aの編隊です。
US-1Aは後ほど離着水の展示も見せてくれました。
 空自からはC-130、F-2、そしてF-15の3機種が参加しました。
これはF-2による受閲飛行です。
 そのあとをF-15の3機編隊がやってきました。やはり陸・海・空の主力機が揃うと流石に迫力があります。
 受閲飛行の最後がこの「かもめ」3羽の編隊?で、観艦式のガイドブックにも載ってなかったので全くの飛び入りだったようですね。(笑)
 観閲航行隊形から展示のための航行隊形に移行する際に潜水艦救難艦「ちはや」とすれ違いました。
実はこの艦には3年前の観艦式の際に載せて貰ったので、とても懐かしく思いました。艦の中央に沈没した潜水艦の乗員を救出する「深海救難艇」が見えました。
 観閲航行が終わって次に展示作業が始まりました。
先ず最初が祝砲発射で、離れていても5インチ単装速射砲の発射音がズドンと響きます。
 祝砲のあとがボフォース対潜ロケット弾の発射展示で、これは「ゆうばり」が発射したところです。
残念ながら今回はシャッターのタイミングが一瞬遅れ、弾体を捉えることができませんでした。
 ボフォース弾が水中で爆発したところで、思ったよりも大きな水柱が上がりました。
 次は艦載ヘリコプターの発艦展示で、「たかなみ」からSH-60Kが離艦しました。
 発艦したヘリが艦艇部隊の周りを一周して戻ってきました。これは「たちかぜ」の上空の丁度良い位置に来たのでシャッターを押しました。

 

拡大画像

 次の展示は潜水艦の潜航・浮上です。
いわゆるドルフィン運動と呼ばれるもので、水中から突如巨体を現す様子は映画でも見ているようで正に壮観です。
 輸送艦「ときわ」が「はるさめ」に洋上補給を行おうとしているところです。
テロ特法に基いてインド洋に派遣された輸送艦がこの要領で各国の艦艇に補給支援活動を実施していると紹介がありました。
なお、「はるさめ」はIRミサイルによる攻撃を回避するために甲板散水とIRフレア発射を同時に行っています。
ミサイル艇「おおたか」の高速航行の様子を撮影しました。
ガスタービン3基によるウオータージェット推進装置を備え、最高44ノットの高速が出せるそうです。
 武器は、ハプーンのほか、62口径76ミリ速射砲1基を備えています。
 前方から救難機US-1Aが接近し、白波を立てながら着水しました。

拡大画像

 P-3CがIRフレアを発射したところです。
 飛行高度が低かった(500フィート前後)ので、下からでもフレアが良く見えました。
 展示作業の最後はP-3Cからの対潜爆弾投下で、「ズシーン」という爆発音と共にこのような大きな水柱が上がりました。一瞬息を呑むほどの迫力です。
 今回乗艦させて戴いた「てんりゅう」は訓練支援艦ですので、艦隊の射撃訓練を支援する無人標的機を搭載し、発射できるようになっています。
「てんりゅう」には2種類の標的機が登載されており、これはBQM-34A、通称ファイヤービーと呼ばれる高速標的機です。
全長:7m、重量:約1トン、最高速度:580ノットと乗艦時に渡されたパンフレットに書かれていました。
これはチャカーVと呼ばれる、高速無人標的機です。
同じくパンフレットには、全長:4
m、重量:約200kg、最高速度:540ノットとなっており、ファイヤービーと並んで置かれると親子のような感じでした。
 観艦式の実施海面から船越に戻るには2時間程かかり、その間、乗艦者が退屈しないよう艦側でいろいろ気を遣ってくれていました。
 手旗やラッパの展示、ロープの結索の実演などもありましたが、これは各階級別の夏の礼装と共に、艦内での各種特殊作業服装を展示してくれているところです。
 浦賀水道通過時に艦橋に上がってみましたが、驚いたのは航海長が女性自衛官だったことです。
女性が艦橋の指揮を取るなんて私達が現役の頃は考えられなかったことで、隔世の感がしました。
大勢の視線を受けても堂に入った操艦ぶりで、無事に船越の岸壁に横付けしてくれました。
これからも「てんりゅう」の安航と活躍を祈りたいと思います。