1 第一空挺団初降下展示

 千葉県船橋市にある「陸上自衛隊第一空挺団」の初降下は、年明け早々に毎年行われていますが、これまでは単なる落下傘降下展示と模擬戦闘訓練展示の2本立て形式で行われてきましたが、今回は敵に武力占拠された我が国の島嶼を陸・海・空の統合作戦で奪還するという1本のシナリオで行われ、その一環として空挺隊員によるパラシュート降下が実施されました。
 折りしも中国総参謀部が尖閣諸島周辺での日本との軍事衝突を意識した戦争準備指示を発していると伝えられていることから我が国としても現実的な脅威に備える狙いがあり、目の前で繰り広げられる空地一体となった迫真の模擬戦闘の迫力にこれまでになく圧倒されました。 
 (1月13日 記)

 この部隊の初降下は毎年見学させて貰っていますが、今年のように風も無く穏やかなのは初めてで、そのせいか、これまでになく大勢の見物客がやって来て観客席となる土手は立錐の余地もないほどでした。
 見学場所を確保して待つこと2時間余り、11時半に視察に訪れた小野寺五典防衛大臣が到着しました。
 大臣到着を待って訓練が開始。
 最初に飛来したのは、我が国周辺海域の監視・偵察を任務とする海上自衛隊の大型哨戒機P−3Cでした。
 陸自の落下傘降下の訓練展示に海自の作戦機が参加するのは初めてで、「今回は統合作戦で行われる。」という意味が理解できました。
 次に、先のP−3Cより遥かに高い高度(数千フィート)で陸自の大型輸送ヘリ“CH−47”がやって来て、後部ハッチから何かを投下したようです。
 これは望遠レンズで撮ったので写っていますが、肉眼ではヘリしか見えませんでした。
 暫くして傘が開いたのか、白い点が空に散らばっているのが見えました。
 4つずつ固まって、スパイラルを描きながら舞い降りて来ます。
 白い点の正体が見えて来ました。
 銀色に輝く、パラグライダーのような形をした落下傘です。
 この落下傘は“MC−4”という高高度からの隠密降下作戦などに使用される特殊な空挺傘で、今回降り立ったのは島嶼奪還に先立つ敵情偵察のための偵察隊員であるとの説明がありました。
 その操縦性能は抜群に良さそうで、海岸の砂浜を想定した狭い範囲に4人ずつまとまって見事に着地しました。
 その直後、今降りた隊員を援護するために、陸自が誇る攻撃ヘリ“AH−64D”、略称「アパッチ・ロングボウ」が接近して来ました。
 この機種は従前の攻撃ヘリ、「コプラ」よりも更に重装備で、空対空ミサイル「スティンガー」や「ヘルファイヤミサイル」など、最新の攻撃武器を搭載しています。
 なお、メインローターの上の丸いものは、レーダーのアンテナです。
 攻撃ヘリに続いて、多用途ヘリ「UH−1H」がやって来ました。
 キャビンには、完全武装した上に枯草でカムフラージュした隊員が2名乗っているのが見ます。
 地上すれすれまで降りて二人を下ろし、あっという間に飛び去りました。
 その次に飛来したのが“OH−1”という軍用観測ヘリです。
 敵情観測が目的ですから相手レーダーに捕捉されないよう複合材が主用され、機体の幅も僅か1mしかないそうです。
 このように次から次と軍用ヘリが超低空で接近しては反復攻撃することが行われ、熾烈な戦闘場面を印象付けていました。
 攻撃ヘリは、超低空で接近し攻撃を終えると同時に急速上昇・反転しながら離隔します。
 私もヘリパイロットの端くれでしたが、「ヘリは空力的に不安定だから急激な操縦は厳禁!」と強く戒められていたのが嘘のようです。
  敵陣地付近に上がる赤いスモークは、海上自衛隊の艦艇からの艦砲射撃の弾着を示しているそうです。
 攻撃ヘリや艦砲射撃で敵の火力がある程度制圧されたところで空自の大型輸送機“C−1”が飛んで来て、ハッチから次々と空挺隊員が飛び出してきました。
 飛行高度は1000フイート、スカイツリーの展望台の高さですから、良く見えました。
 3秒位の間隔で次々と降下し、母機の後に連凧のように連なって10個並びました。
 澄み切った青空をバックに、空のロマンを感じます。
 この日は、冬季には珍しく風が弱かったので流されることなく、そのままゆっくりと舞い降りてきました。
 そして、まだ前に降りたのが空中にあるうちに次が飛来して、これまでになく壮観でした。
 この落下傘はフランス製(現在は国内でライセンス生産)の“M696M1”という型で、傘に破れたような穴が開いていますが、それによって操縦しやすくなっているそうです。
 着地するや否や大急ぎで傘を畳み、直ちに戦闘態勢に入ってゆきます。
  空挺隊員の降下が終わったと思ったら、今度は輸送ヘリの後部ハッチが開いてまたパラシュートが舞い降りてきました。 
 良く見ると、傘はこれまでの「空挺傘」とは違うタイプで、ぶら下がっているのも隊員ではなく、梱包された荷物のようでした。
 
 物量傘の梱包の中身は、おそらく補充弾薬などの戦闘に不可欠な物資なのでしょう。
 地上に着くと、近くに居た隊員が寄って来て梱包を解き、手分けして運んでいきました。
 次にやって来た輸送へりは、高度15m位でホバリングするとさっとロープが降りてきて、それに伝って銃を背負い、完全武装の隊員達がスルスルと連続して降りてきました。
 これは「リペリング」というヘリボーン作戦の一形態だそうで、正に猿のような敏捷さに、みな唖然として眺めていました。
 今度は、輸送ヘリ2機が、それぞれジープと迫撃砲を吊り下げて近付いて来ました。
  
 ヘリはそれぞれホバリングして荷物を地面に下ろすや否やさっと去って行き、それと入れ替わるように地上に居た隊員がジープを運転し、迫撃砲を牽引して運び去りました。
 入手した迫撃砲やジープを枯草でカムフラージュし、そこに迫撃砲陣地を構築しているようです。
 その向こうでは、隊員が匍匐(ほふく)前進しながら、少しずつ敵に迫って行っています。
 完成した迫撃砲陣地から一斉に射撃開始の白煙が上がりました。
 その合間を縫って攻撃ヘリが反復攻撃を行っています。
 この島に敵が構築した陣地を撃破するための戦闘はこれからが正念場のようで、火工品の炸裂音、空砲の発射音などがズシンズシンと響き渡り、観客は息を呑んで成り行きを見守ります。
 敵情を確認するためでしょうか、2機のヘリが敵陣地に向けて突っ込んでいきました。
 上空に気をとられている間に、今度は74式戦車が追撃を始めているのが遠望できました。
 おそらく、海自の揚陸艦で運んできたという想定なのでしょう。
 まさか戦車まで参加させてここまで大規模にやるとは思っていなかったので、大変驚きました。
 敵は敗走し始め、それを追って戦車や装甲車を先頭に隊員達が続々と追撃を開始しました。
 そこに新たな大型輸送へりが、1本のロープで完全武装の隊員を束ねたように吊り下げたまま飛んで来ました。

 
 拡大して見ると、4人の隊員がそれぞれ自動小銃を外に向かって構え、四方を警戒しているのが判ります。
 目的は良く判りませんが、ほぼ制圧し終えた敵陣地を岡目八目で上から実地確認することではないかと思います。
 陸・海・空の総力戦で島の奪還に成功し、空自の“地対空誘導弾パトリオット(PAC3)”がこの島嶼の防衛を強化するために運び込まれました。
これは、先の北朝鮮のミサイル発射に備えて、石垣島に据え付けられたのと同じ物だそうです。
 遂に終演となり、凱旋の祝賀飛行パレードのように今回参加した航空機が編隊で飛行してゆきます。
 小一時間に亘る空地一体となった迫真の新春イベントに、観客はすっかり満足した様子でした。
 終了後、隊員達は整列し、小野寺防衛大臣から訓示を受けました。
 視察した大臣は訓示で、中国の公船や航空機による尖閣諸島周辺の領海・領空侵犯に触れ、「厳しさを増す我が国周辺の安全保障環境に対応し、自衛隊の態勢強化に取り組んでいく」と述べていました。

 
 

 午後は、隊員とその家族、来賓、招待客による初降下の打上げとも言うべき「野宴」が行われました。
 ひな壇では来賓として出席した地元の野田元総理などの挨拶や祝辞の後、野太鼓の演奏などが行われ、招待客達は隊員の手料理のバーベキューに舌鼓を打っていました。
 午前の熾烈な模擬戦闘訓練を終えて駆けつけた隊員達はそれぞれの中隊毎に設けられたバーベキューピットを囲み、この日だけ特に許可された酒やビールをコプに注ぎ、至福のひと時を過ごしていました。
 どうぞ今年も、厳しい訓練に耐えながら安全に過ごして欲しいと心から祈りながらその場を後にしました。